今すぐいける!福岡市のおすすめ初日の出スポット12選

一年の幕開けとなる初日の出。
こと2019年は平成最後の初日の出ということもあって、見に行く人も多いのではないでしょうか。
福岡市における元旦の日の出時間は毎年7:20頃です。福岡市と言っても西区から東区まで広いですが、大体7:20~7:25の間に見ることができるようです。

そこで今回は平成最後の初日の出を気軽に楽しむため、福岡市内の初詣スポットに限ってご紹介します。

博多区

JR博多シティ屋上 つばめの杜ひろば

屋上広場で初日の出を見ることができる

駅直結の商業施設・JR博多シティ。その屋上にあるつばめの杜ひろばは意外に知られていない初日の出スポットです。
通常10:00~の営業となる同施設ですが、1月1日のみ屋上つばめの杜ひろばを6:30~開放します。

入場は無料で、あたたかい甘酒のサービスもある穴場スポットとなっています。

場所:福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ屋上
時間:6:30~8:00(8:00~10:00までは閉場)
入場料:無料
駐車場:あり(有料)

中央区

大濠公園

散歩やランニングついでに見ることができそう

特に展望台などはありませんが、園内に高い建物がなく開けているため初日の出を見ることができます。
特に中央警察署大濠連絡派出所付近に架かる舞鶴橋からはビルやマンションの間から太陽が昇る様子をじっくりと見ることができます。

隣の舞鶴公園には福岡城跡のような高い建物がいくつかありますがそのいずれも正面に木や建物があるため初日の出を見ることにあまり適していません。ご注意ください。

場所:福岡市中央区大濠公園1-2
時間:24時間(駐車場開場は7:00~)
入場料:無料
駐車場:あり(有料)

南公園 西展望台

動植物園隣接だがこちらは自由に出入りできる

福岡市動植物園に隣接する公園です。
公園一帯は丘陵地になっており、園内の西展望台は標高70ⅿ近く市内を一望することができます。
もちろん博多湾を望むこともできるので初日の出の鑑賞に最適です。

場所:福岡市中央区輝国1-1-77
時間:24時間
入場料:無料
駐車場:なし(付近にコインパーキング有)

東区

三日月山

ちょっと見に行くのにちょうどいい高さ

三日月山は福岡市東区を通る低山で標高272ⅿほどの低山です。
普段はトレッキングなどで訪れる方も多いですが、こちらも隠れた初日の出スポットとなっております。
登山コースが複数ありますが、初日の出時点ではまだ暗いので「正面コース」で頂上まで向かってください。

場所:福岡市東区香椎(大字)402
時間:24時間
入場料:無料
駐車場:あり(無料)

立花山

登山が楽しめるが足元には注意

三日月山に連なる山で、新宮町から東区にかけてそびえています。
標高は三日月山より少し高め(367m)のため、登るのは大変ですが三日月山以上に海に向かって開けた景色を楽しむことができます。
駐車場も多く、周囲にはお店もあるので登山して初日の出が見たいという方におすすめのスポットです。

場所:福岡市東区下原3
時間:24時間
入場料:無料
駐車場:あり(無料)

志賀島 潮見公園展望台

展望台から見た日の出

志賀島のほぼ中心部に位置する潮見公園の展望台は有名な初日の出スポットです。
毎年多くの人が訪れますが、かなりの広さがあり公園自体の標高も高いため展望台の上にこだわらなくても初日の出を見ることができます。
山の中を通らないとたどり着くことができないため、運転にはくれぐれもご注意ください。

場所:福岡市東区志賀島(金印街道から島の中心部に向かう)
時間:24時間
入場料:無料
駐車場:あり(無料)

早良区

福岡タワー

新春イルミネーションも点灯する

福岡県内でも初日の出のメッカとされている福岡タワーは元旦、5:30から開館します。(1時間前より整理券配布)
3F、5Fそれぞれの展望室から太宰府方面に初日の出を見ることができます。
ほとんどの建物より高所から見るため天気が悪くない限り確実に見ることができますが、その分人が多いので注意が必要です。
元旦は餅つき大会などのイベントも開催するので子ども連れで初日の出を見たいという方におすすめのスポットです。

場所:福岡市早良区百道浜2-3-26
時間:5:30~23:00
入場料:一般800円/子ども500円/幼児200円/高齢者500円
駐車場:あり(有料)

南区

油山市民の森

画像

福岡都心部にある山として市民に親しまれている油山は、毎年「油山で初日の出を見よう!」と題して通常9:00開門のところを6:00に変更。
また通常300円の駐車料金が必要な駐車場も1日のみ無料で開放します。
人気の初日の出スポットですが、その人気の秘密は広さにあります。中央展望台やつり橋などの人気のスポットには人が集中しますが、園内が広く標高も高いため比較的どこにいても日の出を見ることができます。
自分だけの日の出スポットを見つけるのも楽しいかもしれませんね。

場所:福岡市南区大字桧原855-4
時間:6:00~18:00
入場料:無料
駐車場:あり(1/1のみ無料)

西区

愛宕神社

縁結びの神様としても人気がある

福岡タワーと並んで県内でも有名な初日の出スポットです。
初日の出はもちろん同時に初詣の行列ができるほど人の多いスポットですがその分景色は抜群!
元旦祭や新春初詣など1月1日はイベントも満載です。

場所:福岡県福岡市西区愛宕2-7-1
時間:1月1日は終日
入場料:無料
駐車場:あり(無料)

福岡市海釣り公園

休日は多くの釣り人でにぎわう

釣り好きの方で初日の出が見たいならこちら。
1月1日は6:00から営業して海から登る朝日を眺めながら釣りをすることができます。
来場者には無料であたたかいお汁粉も振舞われます。新年初釣行は福岡市海釣り公園に行ってみてはいかがでしょうか。

場所:福岡市西区大字小田字池ノ浦地先
時間:6:00~10:00
入場料:大人1,000円/子ども500円/大人見学200円/子ども見学100円
駐車場:あり(無料)

今津湾

ちょうど能古島の裏側から太陽が現れる

能古島を囲むようにしてなる今津湾は地元の方以外にはあまり知られていない絶好の初日の出スポットです。
マリノアシティから福岡県水産海洋技術センターまでの間ならどこでもOK!
範囲内には長垂公園などの海浜公園もあり家族連れでも安心してみることができます。

場所:福岡市西区今宿青木
時間:24時間
入場料:無料
駐車場:なし(近隣コインパーキング有)

能古島

あまり人の来ない穴場スポット

そして今津湾に浮かぶ能古島も言うまでもなく初日の出の名所です。
元旦は姪浜港から6:15始発でフェリーが出ています。
フェリーに乗るという手間があるからか、他のスポットよりは人が少ないですが愛宕神社や福岡タワーに負けない見事な初日の出を目にすることができます。
特に島中央にある能古島展望台からの眺めは見事の一言です。

初日の出の時間に間に合うフェリー
・6:15姪浜発
・6:45姪浜発

場所:福岡市西区能古
時間:24時間
入場料:無料
駐車場:港・島内共にあり(有料)

初日の出は見れるの?

気象庁の週間天気予報によると福岡県の2019年1月1日(火・祝)の天気は曇りのち晴れ。降水確率は30%と微妙な数字です。
気象情報サイト発表の初日の出情報では、太平洋側は見られるが日本海側はどちらとも言えないとのことでした。
福岡県は地形や場所の関係から冬場はどんよりと曇った天気になることがよくあります。
2018年も同様の予報でしたが多くの場所で初日の出が見られました。
とはいえ、せっかく平成最後の初日の出です。2019年は福岡市内で、気軽に「見れたらラッキー」くらいの気持ちで臨んでみてはいかがでしょうか。